fc2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

【悪役令嬢】 

誰しもが無垢と讃えた優しさで根こそぎ奪った彼女は聖女

あの方が彼女を星と呼んだから 毒の茨よ空を覆えよ

誰しもが醜いというものすべててのひらにのせ わたくしは魔女


神望喜利彦山人(@kirihiko_)様からいただきました!!ありがとうございますうう!

悪役令嬢

カテゴリ: こうた

tb: 0   cm: 0

うすかわいちまいむこうがわ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カテゴリ: おはなし

tb: --    cm: --

ろぐ 

あなた似の曲がった小指を撫でましょう
届きますよう とどきますよう

争いは絶対悪だと断罪す 井戸いらぬ世の民草どもが

神ならぬぼくは祈ろう いつの日かきみが自分を赦せるように

むかしから燃えないごみの日が苦手
壊れたおもちゃはわたしじゃないのに

ちようどいい棒探してるきみの目が横で踊ってるパパに似ている

弟にレッド譲って悪のボス きみはお尻を出したヒーロー

将来はサムライなると神妙な正座の横に5本目の傘

花盛るときに剪定するように耳たぶみせてわらっているきみ

このへんのくぼみにあうのさがしてた愛のかたちはさまざますぎる

変わることなどありえないものでした
わたしのかたちあなたのかたち

朝晩のストーブはまだ欠かせません京のさくらは散ったでしょうか

朝晩のストーブ
神望喜利彦山人(@kirihiko_)様からいただきました!


あそこには明かりがあると嘘をつくオトナの義務に夢をかさねる

刃先には北極星が灯ってる磨いてるから近寄らないで

賭け事を嫌う彼女が選んだカレはメジャーデビューが夢だと語る

白き手が夕かたまけるその向こうおいでおいでと母の声して

向かい風翼の下に受け流し高くたかくはばたけはばたけ

空抱いてたまねぎ畑見おろしてとんびはうたうわたしを誘う

草刈機青い匂いを噴きあげる爽やかすぎる断末魔だね

カテゴリ: こうた

テーマ: 短歌 - ジャンル: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

逢魔が時から 

不器用でできないことが多すぎて後ろの正面わたしとかわって

籠の目の奥からにらむ鳥の眼にわたしがいるよいついつ出やる

ゆうやけが伸ばしゆく影手をひいてほしくて待っておいてかないで

あたまから毛布かぶって月あかり浮かぶリラの葉 かいじゅうがくる

白き手が夕かたまけるその向こうおいでおいでと母の声して

逢魔が時2

カテゴリ: こうた

テーマ: 短歌 - ジャンル: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

めも 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カテゴリ: おはなし

tb: --    cm: --